spacer
お問い合わせ  |  English
toppage seminar member kenkyu gyoseki jyugyo access link candidate english
spacer
spacer



専門分野
都市計画学、交通工学、土木計画学、環境経済学、エネルギー経済学、環境政策学、産業組織論
略歴
・九州大学 主幹教授
・九州大学大学院工学研究院 都市システム工学講座 教授
・九州大学都市研究センター長
・東京大学 公共政策大学院 特任准教授
・学術誌「Environmental Economics and Policy Studies」共同編集長
・学術誌「Resource and Energy Economics」編集委員




詳細プロフィール
category
spacer



専門分野
政治経済学、応用マクロ経済学、応用計量経済学、国際関係論
略歴
・London School of Economics 経済学修士修了
・New York University 政治学修士修了, Ph.D.(ABD)











専門分野
交通計画
学歴
・徳島県立脇町高等学校
・九州大学大学院工学研究科都市環境システム工学専攻修了
・ルノー財団パリテックマスターコース「交通と持続可能な開発」修了





詳細ページ



専門分野
地域計画、都市交通工学、環境経済・政策、ボランティア・NPO論、Project-Based Learning
プロフィール
東京工業大学、同大学院博士課程修了 博士(工学)。防災士、防犯設備士。(財)日本生産性本部 エネルギー・環境部 研究員、東京工業大学リサーチアシスタント、九州大学東アジア環境研究機構 特任助教、NPO法人タウンモービルネットワーク北九州 客員研究員、北九州市立大学地域共生教育センター 特任講師を経て現職。
学術論文
・Hiroki Nakamura and Naoya Abe (2014) “Evaluation of the hybrid model of public bicycle-sharing operation and private bicycle parking management,” Transport Policy, vol. 35, pp. 31-41.
・Hiroki Nakamura and Naoya Abe (2014) “The Role of a Non-profit Organisation-run Public Bicycle-sharing Programme: The Case of Kitakyushu City, Japan,” Journal of Transport Geography, vol. 41, pp. 338-345.
著書
・Masahiko Iguchi and Hiroki Nakamura (2015) “Climate transport policy in the Asia-Pacific region,” in G. Van Calster and W. Vandenberghe eds., Research Handbook on Climate Change Mitigation Law, Edward Elgar Publishing, pp.149-166.
・中村寛樹・藍谷鋼一郎(2015)「第21 章 アジアにおける都市・環境計画づくりの基礎と実践教育」『「東アジア環境学」入門』(花書院)九州大学東アジア環境研究機構 編, pp.311-324.




詳細ページ



専門分野
農業経済学(農産物流通論)、開発経済学(農業発展論)
学歴
・麻布高校卒業(2003年)
・東京大学農学部国際開発農学専修卒業(2008年)
・東京大学大学院農学国際専攻修了(2010年)
・東北大学大学院農学研究科資源環境経済学講座修了(2015年)博士(農学)
職歴
・三菱東京UFJ銀行(2010年)
・日本学術振興会特別研究員DC2(2012-14年)
・インドネシア・ボゴール農科大学客員研究員(2012-13年)
主要業績
・池田真也、インドネシア都市部における卸売流通拠点としてのバザール―ジャカルタ青果物中央卸売市場の事例―、アジア研究、2011年1月
・Shinya Ikeda and Hitoshi Yonekura, "The Role of Peasant Marketing Institutions in Market Access for Smallholders: A Micro-evidence from Rural Java" Agriculture & Applied Economics Association's 2014 Annual Meeting.
受賞歴等
・第14回アジア太平洋研究賞(井植記念賞)佳作
(博士論文「経済発展下における伝統的青果物流通の展開―ジャワにおける大都市へ向けた野菜の集荷・卸の変容―」に対して)
コメント
ジャワの農村でまたフィールドワークをしたいです。







専門分野
金融経済学、貨幣経済学、環境経済学
略歴
・東京大学大学院経済学研究科修士課程修了
・ペンシルベニア州立大学 Ph.D. in Economics




詳細ページ



専門分野
土木計画学,災害リスク管理
略歴
・京都大学工学部地球工学科卒業
・京都大学大学院情報学研究科修了,同博士課程修了
業績
・Tamaki, Tetsuya, and Hirokazu Tatano. "Evaluation method of restoration process for road networks after volcanic eruption." Systems, Man and Cybernetics (SMC), 2014 IEEE International Conference on. IEEE, 2014.
・玉置哲也・多々納裕一:降下火山灰による道路機能障害評価とその復旧順序決定手法の提案,自然災害科学, Vol.33,特別号,pp.165-175,2014.
・古橋隆行・多々納裕一・梶谷義雄・玉置哲也・奥村誠:東日本大震災による産業部門への経済被害の推計方法に関する研究,土木学会論文集D3・特集号(土木計画学研究・論文集),Vol.70, No.5,pp.197-210,2014.
・玉置哲也・多々納裕一・今井瑛介:相互依存性を考慮した港湾における防災投資行動分析,土木学会論文集D3・特集号(土木計画学研究・論文集),Vol.68, No.5,p.155-166,2012.




詳細ページ



専門分野
漁業管理、資源・環境経済学、実験経済学、政策評価
学歴
・McGill University 農業経済学修士号取得(2011年)
・University of Rhode Island 環境・天然資源経済学博士号取得(2015年)
職歴
・日本経済研究センター (2005年4月〜2008年6月)
・University of Rhode Island, Department of Economics Instructor(2014年9月〜12月)
・水産総合研究センター中央水産研究所 客員研究員(2015年8月〜)
・九州大学大学院工学研究院都市工学研究室 研究員(2015年9月〜)
論文
・Tegawa, M., H. Uchida, and C. Anderson. 2015. “How Can Community-Based Management Improve an Outcome? The Effects of Revenue Sharing and Social Capital.” Proceedings of the Seventeenth Biennial Conference of the International Institute of Fisheries Economics and Trade, July 7-11, Brisbane, Australia. No. 302.
・Tegawa, M., C. Anderson, and H. Uchida. 2012. “Do Individual Rights Emerge from Collective Rights Systems?” Proceedings of the Sixteenth Biennial Conference of the International Institute of Fisheries Economics and Trade, July 16-20, Dar es Salaam, Tanzania. No. 367 (Abstract only).




詳細ページ



専門分野
応用計量経済学、幸福度研究、家計消費、労働経済学
学歴
・琉球大学総合社会システム学科経済学専攻 卒業
・Wenatchee Valley College (アメリカ合衆国 ワシントン州) 交換留学
・一橋大学大学院経済学研究科修士課程 修了
・一橋大学大学院経済学研究科博士課程
職歴
・一橋大学グローバルCOE「社会科学の高度統計・実証分析拠点構築」COE フェロー (2012-13)
・一橋大学国際・公共政策大学院 ティーチングアシスタント(計量経済分析担当) (2012,2013)
・独立行政法人経済産業研究所 (RIETI) リサーチアシスタント (2013-15)
・経済協力開発機構 (OECD) 統計局 インターン (2014)
論文
・Kazuhito Higa, "Estimating Upward Bias of Japanese Consumer Price Index Using Engel's Law," Graduate School of Economics Hitotsubashi University Discussion Paper Series No. 2014-21.
研究発表
・日本経済学会 (2012,2015)
・応用計量経済学コンファレンス (2012)




詳細ページ






Self-Introduction
Doctoral Student who is working under the Graduate school of Environmental Studies in Tohoku University . He got his MA in International Development from International University of Japan. He is holding BSS in Economics and MSS in Economics from Shahjalal University of Science and Technology, Bangladesh. He has more than two years working experience as a micro-credit program assistant. Field research really attracts him and he has done his research that includes thousands of flood victim households in Bangladesh. He was the organizer of a field research on organic vegetable production possibility in Bangladesh. Mr. Islam has research preference is sustainable development of environment sector and disaster management in developing countries.
Research Interest
Environmental Economics, Input-Output Economics (environment, multi-region), Industrial Ecology, Trade and the Environment, Environmental Policy, Disaster Resilience, Sustainable Development
Research Works
・Islam Moinul, K. Kanemoto, and S. Managi, "Impact of Trade Openness and Sector Trade in Embodied Greenhouse Gases Emissions and Air Pollutants", Journal of Industrial Ecology (Forthcoming)
・Islam Moinul and K. Kotani. 2016. "Changing seasonality in Bangladesh", Regional Environmental Change, pp1-6.
・Islam Moinul, K. Kotani, and S. Managi. 2016. "Climate perception and flood mitigation cooperation:A Bangladesh case study", Economic Analysis and Policy, Vol.49. pp117-133.
Education
・平成20年 9月 シャジャラル大学 経済学部卒業
・平成22年 10月 国際大学 国際開発学プログラム 入学
・平成24年 9月 国際大学 国際開発学プログラム 修了
・平成24年 10月 東北大学大学院 環境科学研究科 博士課程入学
・平成27年 4月 九州大学大学院工学府 都市環境システム工学専攻 博士課程編入学











Present post
Assistant Professor
Urban Institute, Department of Urban and Environmental Engineering, Kyushu University

Self-introduction:
I have more than a decade of experience in agricultural, environmental and urban economic research in Sri Lanka, Australia and Japan.
Working with multi-disciplinary research and development teams, I could enhance my knowledge in research designing, qualitative and quantitative analysis, monitoring and evaluation and reporting.
I have excellent communication and reporting skills, with the ability to form and maintain productive working relationships with individuals from different discipline and hierarchy.
Recently, Icompleted my PhD in environmental and natural resource discipline at Queensland University of Technology, Australia.
Also I was graduated with MSc in agricultural economics (Postgraduate Institute of Agriculture, University of Peradeniya, Sri Lanka) and BSc in Agriculture (Faculty of Agriculture, University of Peradeniya, Sri Lanka).

Research Interest:
Environmental valuation, climate change, sustainable development, urban economics, agricultural policy analysis, production economics, agricultural marketing and international trade analysis

E-mail: darshana_rajapaksa@yahoo.com





category
spacer






学術論文
・尾沼広基, 馬奈木俊介, 2012. 人間は災害を克服できるのか?, 環境システム研究論文発表会講演集 40: 71-74.
・尾沼広基, 宮本拓郎, 馬奈木俊介, 2012. 日本の有害大気汚染物質自主管理計画におけるジクロロメタン排出量削減効果の実証分析, 環境システム研究論文集 40: 189-196.
・尾沼広基, 藤井秀道, 馬奈木俊介, 2011. CO2排出量変化要因の多国間比較−鉄鋼業と機械製造業の事例研究, 環境情報科学論文集 25: 371-376.
著書
・尾沼広基, 馬奈木俊介, 2013. 『第13章 自然災害による被害の経済分析』, 馬奈木俊介(編著) 「環境・エネルギー・資源戦略:新たな成長分野を切り拓く」, 日本評論社.




詳細ページ






研究発表
・曹慧娟, 藤井秀道, 馬奈木俊介, Productivity Analysis Considering Environmental Pollution and Diseases in China−Regional Comparative Study Using Weighted Russell Directional Distance Model−, 環境経済・政策学会2012年大会, 東北大学, 2012年9月15-16日
受賞歴等
・東北大学環境リーダープログラム, 修士長期コースプログラム生, 2011年10月‐2013年3月
コメント
中国人留学生で、ニックネームはケンケンです。 (*^-^*)
Play Hard, Work Harder.
頑張っている人は輝いています。輝きたいです。










業績
・Sekito, M., Tanaka, K., Managi, S., Kaneko, S. and Rai, V. "Decision-making speeds for purchases of solar photovoltaic systems", Renewable Energy (Submitted)
・Sekito, M., Tanaka, K., Managi, S. and Kaneko, S. " Household electricity demand after the introduction of solar photovoltaic systems", Energy Economics (Submitted)
・関藤麻衣, 馬奈木俊介, 金子慎治, 古川柳蔵. 2012. CVMによる消費者の心理的要因を考慮した環境配慮製品・政策・ライフスタイルに関する需要分析, 環境共生, Vol. 21, 46-55.
受賞歴等
・東北大学国際高等研究教育機構, 修士研究教育院生, 2013年4月-2014年3月
・東北大学国際高等研究教育院, 博士研究教育院生, 2014年4月-2017年3月
・(独) 日本学術振興会特別研究員-DC1, 2014年4月-2017年3月
コメント
人々の環境意識や行動、意思決定と社会や政策との関わりに興味があります。まだまだ未熟ですが先生や先輩方から多くのことを学び成長していきたいです。
























Self-Introduction
He got his master degree in Economics, Planning and Public Policy from National Graduate Institute for Policy Studies (GRIPS) and he also holds a master degree in Economics from University of Indonesia. He works as a strategic planner at Planning Bureau of National Nuclear Energy Agency of Indonesia (BATAN), a government agency which responsible for conducting research and development in the field of nuclear energy in Indonesia. At present, he is pursuing his doctoral degree at Graduate School of Engineering, Departments of Urban and Environmental Engineering, Kyushu University with a main research interest in energy for sustainable development.
Research Works
・Electricity consumption and economic growth in Indonesia, an ARDL bound test approach.
・A strategic human capital perspective of BATAN’s human resources (in Bahasa Indonesia).










略歴
・中国科学院地理科学與資源研究所(中国)修士課程 環境科学專攻
・北京工業大学(中国)学部 環境科学專攻
研究発表
・Du GD, Lei M, Zhou GD, Pan P, Qiao PW. Evaluation of influence factors on accuracy and precision of heavy metals analysis by field portable X-ray fluorescence spectrometry. 2nd international conference on simulation and modelling methodologies, technologies and applications (SMTA 2015), 2015, 490-494.
・Du GD, Lei M, Zhou GD, Chen TB, Qiu RL. Evaluation of filed portable X-ray fluorescence performance for the analysis of Ni in soil. Spectrometry and Spectral Analysis, 2015, 35(3), 809-813.










略歴
・中国科学院地理科学與資源研究所(中国)修士課程 資源経済専攻
・華東師範大学(中国)学部 地理科学専攻と経済学専攻
論文
・Liang Yuan, Yu Li, et al. Urbanization Process and its Effects on Carbon Emissions-A Case Study of Beijing City. Advanced Materials Research, Vols.807-809 (2013) pp1059-1066.
・Yu Li, Liang Yuan. Evaluation Method on Energy Consumption and Carbon Emission for Public Building. Applied Mechanics and Materials, Vol. 700(2015) pp 715-722.
・Liang Yuan, Ling Liu, et al. Carbon Emissions Effects of Urbanization and its Countermeasures in Shanghai. China Ecological Economic Society Eighth National Congress and Annual Conference Proceedings of Cum 2012,2012:213-218.
コメント
中国の上海から来ました。料理するのが好きです。踊るのも好きです。いつもたゆみなく努力しています。










略歴
カナダ・トレント大学(環境学部・経済学部)、英国・ロンドン大学・ユニバーシティー・カレッジ・ロンドン(経済学部、環境・資源経済学修士課程)修了
業績
・Akenji, Lewis; Hotta, Yasuhiko; Bengtsson, Magnus and Hayashi, Shiko. 2011/07. EPR policies for electronics in developing Asia: an adapted phase-in approach. In Waste Management & Research.







略歴
名古屋大学経済学部、東北大学大学院環境科学研究科SEMSaT(高度環境政策・技術マネジメント人材養成ユニット)修了。現在、東北大学大学院環境科学研究科博士課程後期。
日本電気株式会社 ビッグデータ戦略立案担当
特定非営利活動法人 アースデイ・エブリデイを中心として、以下の活動に関する非営利・NGO活動を行っている。
・持続可能な社会デザイン
・生物多様性に関する持続的な生産と消費
主要業績
・生物多様性・生態系と経済の基礎知識―わかりやすい生物多様性に関わる経済・ビジネスの新しい動き: 林 希一郎(編著) 中央法規出版 (2009/12)
第10章 生物多様性に対する生活者の認識とマーケティング
コメント
お金を複素数にしたい、です。




Web-Site
category
spacer



コメント
福岡県出身です。
学部時代には東北大の工学部で太陽電池の研究をしていました。
やりたい事は色々とありますが、まずはM1の皆の個性に負けないように頑張っていきたいと思います。










コメント
アメリカ出身です。
学部時代にコルゲート大学で政治学・日本学を専攻しました。
今はエネルギー経済学についての研究に励んでいます。
勉学・運動等のチャレンジを通して、自分の欠点を克服し、心身共に鍛錬させたいと思います。

Background: U.S. born, graduated from Colgate University with a dual major in Political Science and Japanese Studies
Research Focus: Energy Economics
Personal Aims: Challenge oneself academically and physically, improve shortcomings through balanced development of mind, body, and spirit







コメント
大阪府出身です。学部時代は他大学の経済学部でした。
経済学的観点から環境問題を解決したいです。
今までと全く違う環境で学べることに感謝し、将来社会に貢献できる人材になれるよう努力していきます!









コメント
兵庫県出身です。学部時代は電気自動車の普及に関する研究をしていました。何事も全力で楽しみながら取り組んでいきたいと思います。










コメント
環境問題だけでなく、人間が生活する社会や、多くの生物が住む地球など、様々なことに興味があります。これから知見を広げていきたいと思います!










コメント
九州大学工学部出身の高橋 慶です。
色々と知識不足なところがありますが、毎日が勉強だという思いで
専門内外のことを問わず吸収して、自分の研究に生かせるようにしていきたいです。









コメント
修士二年 多田直仁です
研究として、主に下記について取り組んでいます。

1 「完全自動運転の受容性分析」
2015年現在、日々自動運転技術の進歩が取り沙汰される一方で、完全自動運転がどれほどのニーズ・金銭的価値と認知されているかの定量化、またその受容性を決定する要因の分析。
2 「福井県のIWIプロジェクト」
日本で最も幸福度の高い福井県。GDP指標では包括できない自然資本や文化財等のストック財を計上した、県民の幸福度を算出するプロジェクト。
3 「フィリピン国の治水投資評価」
東南アジアでの積極的な治水投資の促進のため、JICAプロジェクトに参画。モデルケースとしてフィリピンを対象に、DPWH、NEDA等省庁機関を訪問後、治水投資便益推計を行う。2017年5月ADB総会にて分析発表。









コメント
広島生まれ福岡県育ち、趣味は旅と野球観戦です。
「縁」を大切にして、今こことことん全力で、研究も遊びも頑張ります。










Nationality
Egyptian

Education and Technical background
Graduated in 2007 from the faculty of Engineering, Cairo university, Civil Engineering with a major in Project management.
After graduation worked as resource planner in the Egyptian cabinet information decision support center.
After that I joined the AUC (American university in Cairo) as Research and teaching assistant. Before coming to Japan I was working as a Methods Engineer in Besix-Orascom..
Took part in research about Infrastructure planning and development fees by Economic research forum

Research interests
Infrastructure planning, project assessment and application of optimization and simulation techniques in project management.
Current research focuses on energy infrastructure projects evaluation from the comprehensive wealth point of view.










コメント
中国の四川省から来ました。
趣味は読書、音楽、絵画です。
学部時代に都市計画を専攻しました、これからは皆と一緒に勉強して、視野を広げて、もっと成長したいと思います。
ちなみに、悲観的な楽観主義者です。
宜しくお願いします!










コメント
Background : Indonesia born, I took my bachelor in Hasanuddin University as Engineering in Urban Planning.
Research focus : Agent-based simulation model Energy










コメント
After a master degree in Marketing and Strategy at CESAG (Senegal),I am pursuing my studies in the graduate Program of Urban an Environmental Engineering.
I am trying to know more about the bests paths in order to valuing the natural ressources of the develloping countries."







category
spacer



コメント
滋賀県生まれ兵庫県育ちです。
目に見えない幸せを数値化してみるという幸福度の研究に大変興味を抱いております。
人生において、自分なりの”幸せとは何か?”を追及し続けたいと思います。










コメント
長崎県佐世保市出身です。
M1の方々や研究員の方々から多くのことを学び、日々精進していきます。
よろしくお願いします










コメント
中村です!
体内にレッドブルが流れているほどのレッドブル好き
今は課題に打ち込む毎日ですが、都市・交通計画等に興味を持っています。
研究を通して様々な分野に知識を広げていきたいです。










コメント
兵庫県出身です。旅行をすることと美味しい料理を食べることが好きです。
興味を持ったことに対して貪欲に取り組んでいけるように頑張ります。







category


協力研究員についてはこちらをご参照下さい。
category


卒業生についてはこちらをご参照下さい。
credit