spacer
お問い合わせ  |  English
toppage seminar member kenkyu gyoseki jyugyo access link candidate english
spacer
spacer



専門分野
都市計画学、交通工学、土木計画学、環境経済学、エネルギー経済学、環境政策学、産業組織論

略歴
・九州大学 主幹教授
・九州大学大学院工学研究院 都市システム工学講座 教授
・九州大学都市研究センター長
・東京大学 公共政策大学院 特任准教授
・学術誌「Environmental Economics and Policy Studies」共同編集長
・学術誌「Resource and Energy Economics」編集委員




詳細プロフィール






専門分野
交通計画

学歴
・徳島県立脇町高等学校
・九州大学大学院工学研究科都市環境システム工学専攻修了
・ルノー財団パリテックマスターコース「交通と持続可能な開発」修了




詳細ページ

若松 美保子/Mihoko Wakamatsu

専門分野
漁業管理、資源・環境経済学、実験経済学、政策評価

学歴
・McGill University 農業経済学修士号取得(2011年)
・University of Rhode Island 環境・天然資源経済学博士号取得(2015年)

職歴
・日本経済研究センター (2005年4月〜2008年6月)
・University of Rhode Island, Department of Economics Instructor(2014年9月〜12月)
・水産総合研究センター中央水産研究所 客員研究員(2015年8月〜)
・九州大学大学院工学研究院都市工学研究室 研究員(2015年9月〜2017年5月)
・九州大学大学院工学研究院都市工学研究室 助教(2017年6月〜)

論文
・Tegawa, M., H. Uchida, and C. Anderson. 2015. “How Can Community-Based Management Improve an Outcome? The Effects of Revenue Sharing and Social Capital.” Proceedings of the Seventeenth Biennial Conference of the International Institute of Fisheries Economics and Trade, July 7-11, Brisbane, Australia. No. 302.
・Tegawa, M., C. Anderson, and H. Uchida. 2012. “Do Individual Rights Emerge from Collective Rights Systems?” Proceedings of the Sixteenth Biennial Conference of the International Institute of Fisheries Economics and Trade, July 16-20, Dar es Salaam, Tanzania. No. 367 (Abstract only).




詳細ページ
category
spacer

野澤 亘/Wataru Nozawa

専門分野
金融経済学、貨幣経済学、環境経済学


略歴
・東京大学大学院経済学研究科修士課程修了
・ペンシルベニア州立大学 Ph.D. in Economics




詳細ページ

深井 大幹/Fukai Hiroki

専門分野
マクロ経済学、貨幣経済学

略歴
京都大学経済学部卒業 (2009年)
京都大学大学院経済学研究科修士課程修了 (2011年)
The Pennsylvania State University, Ph.D. in Economics (2017)

論文(査読付き)
Yu Awaya and Hiroki Fukai, 2017, "A Note on `Money Is Memory': A Counterexample," Macroeconomic Dynamics 21. pp. 545--553.




詳細ページ

木附 晃実/Akinori Kitsuki

専門分野
開発経済学、農業経済学、応用ミクロ経済学

学歴
・京都大学農学研究科修士課程修了
・一橋大学経済学研究科修士課程修了
・ミネソタ大学 Ph.D. in Applied Economics

職歴
・ヤンマー株式会社(2006-2008)
・世界銀行短期コンサルタント(2015-2016)
・TA(ミネソタ大学) 、RA(総合地球環境学研究所、一橋大学、ミネソタ大学)

主要業績
・“Determinants of Comparative Advantage in GMO Intensive Industries” (with P. Smith, J. Yang, B. Jamiyansuren, and J. Lee), World Trade Review, Forthcoming

Working Papers
・Seasonality of Food Insecurity in Rural Zambia (with Takeshi Sakurai)
・A Note on the Theoretical Framework for Seasonal Consumption Patterns in Developing Countries
・Identifying Intricately Woven Peer Effects in Team (with Avner Ben-Ner)








Moinul Islam

Self-Introduction
Doctoral Student who is working under the Graduate school of Environmental Studies in Tohoku University . He got his MA in International Development from International University of Japan. He is holding BSS in Economics and MSS in Economics from Shahjalal University of Science and Technology, Bangladesh. He has more than two years working experience as a micro-credit program assistant. Field research really attracts him and he has done his research that includes thousands of flood victim households in Bangladesh. He was the organizer of a field research on organic vegetable production possibility in Bangladesh. Mr. Islam has research preference is sustainable development of environment sector and disaster management in developing countries.

Research Interest
Environmental Economics, Input-Output Economics (environment, multi-region), Industrial Ecology, Trade and the Environment, Environmental Policy, Disaster Resilience, Sustainable Development

Research Works
・Islam Moinul, K. Kanemoto, and S. Managi, "Impact of Trade Openness and Sector Trade in Embodied Greenhouse Gases Emissions and Air Pollutants", Journal of Industrial Ecology (Forthcoming)
・Islam Moinul and K. Kotani. 2016. "Changing seasonality in Bangladesh", Regional Environmental Change, pp1-6.
・Islam Moinul, K. Kotani, and S. Managi. 2016. "Climate perception and flood mitigation cooperation:A Bangladesh case study", Economic Analysis and Policy, Vol.49. pp117-133.

Education
・平成20年 9月 シャジャラル大学 経済学部卒業
・平成22年 10月 国際大学 国際開発学プログラム 入学
・平成24年 9月 国際大学 国際開発学プログラム 修了
・平成24年 10月 東北大学大学院 環境科学研究科 博士課程入学
・平成27年 4月 九州大学大学院工学府 都市環境システム工学専攻 博士課程編入学





キーリーアレクサンダー竜太/Alexander Ryota Keeley

専門分野
環境経済学, 国際経済学, エネルギー経済学

学歴
・University of Michigan, Global Scholar’s Program修了 (2011年)
・九州大学21世紀プログラム修了 (2013年)
・京都大学大学院総合生存学館 Ph.D(2018年)

職歴
・国際エネルギー機関 (IEA) 特任研究員 (2016年4月~10月)
・糸島小水力発電(株)(2016年9月~)
・国連開発計画 (UNDP) 特任研究員 (2016年10月~2017年3月)
・世界銀行東京防災ハブ (World Bank) コンサルタント(2018年4月~)
・九州大学工学研究院環境社会部門・都市環境システム工学 非常勤研究員(2018年4月~)

主要論文
[1] Keeley, A. R, Matsumoto, K. Investors' Perspective on Determinants of Foreign Direct Investment in Wind and Solar Energy in Developing Economies - Review and Expert Opinions, Journal of Cleaner Production, Vol.179, pp.132-142,2018
[2] Keeley, A. R. Renewable Energy in Pacific Small Island Developing States: the role of international aid and the enabling environment from donor's perspectives. Journal of Cleaner Production, Vol.146, pp.29-36, 2017.
[3] Keeley, A. R, Ikeda, Y. Determinants of Foreign Direct Investment in Wind Energy in Developing Countries. Journal of Cleaner Production, Vol.161, pp.1451-1458, 2017.
[4] キーリーアレクサンダー竜太. 風力発電に対する海外直接投資と中国の産業政策の特異性, 21世紀東アジア社会学, Vol.8, pp.21-38, 2017.
[5] Keeley, A. R, Keeley, T. D. Perceived Market Risk of the Renewable Energy Industry in the United States, Kyushu Sangyo University Keieigaku Ronshu, Vol.27,No. 3,pp.85-92, 2017.




詳細プロフィール

津川 修一/Shuichi Tsugawa

研究分野
公共経済学・財政学・応用ミクロ経済学(理論)

略歴
2010年 一橋大学経済学部卒業
2012年 一橋大学経済学研究科修士課程修了
2018年 Ph.D in Toulouse School of Economics (expected)




詳細プロフィール
category
spacer






Self-Introduction
He got his master degree in Economics, Planning and Public Policy from National Graduate Institute for Policy Studies (GRIPS) and he also holds a master degree in Economics from University of Indonesia. He works as a strategic planner at Planning Bureau of National Nuclear Energy Agency of Indonesia (BATAN), a government agency which responsible for conducting research and development in the field of nuclear energy in Indonesia. At present, he is pursuing his doctoral degree at Graduate School of Engineering, Departments of Urban and Environmental Engineering, Kyushu University with a main research interest in energy for sustainable development.

Research Works
・Electricity consumption and economic growth in Indonesia, an ARDL bound test approach.
・A strategic human capital perspective of BATAN’s human resources (in Bahasa Indonesia).











略歴
・中国科学院地理科学與資源研究所(中国)修士課程 環境科学專攻
・北京工業大学(中国)学部 環境科学專攻

研究発表
・Du GD, Lei M, Zhou GD, Pan P, Qiao PW. Evaluation of influence factors on accuracy and precision of heavy metals analysis by field portable X-ray fluorescence spectrometry. 2nd international conference on simulation and modelling methodologies, technologies and applications (SMTA 2015), 2015, 490-494.
・Du GD, Lei M, Zhou GD, Chen TB, Qiu RL. Evaluation of filed portable X-ray fluorescence performance for the analysis of Ni in soil. Spectrometry and Spectral Analysis, 2015, 35(3), 809-813.











略歴
・中国科学院地理科学與資源研究所(中国)修士課程 資源経済専攻
・華東師範大学(中国)学部 地理科学専攻と経済学専攻

論文
・Liang Yuan, Yu Li, et al. Urbanization Process and its Effects on Carbon Emissions-A Case Study of Beijing City. Advanced Materials Research, Vols.807-809 (2013) pp1059-1066.
・Yu Li, Liang Yuan. Evaluation Method on Energy Consumption and Carbon Emission for Public Building. Applied Mechanics and Materials, Vol. 700(2015) pp 715-722.
・Liang Yuan, Ling Liu, et al. Carbon Emissions Effects of Urbanization and its Countermeasures in Shanghai. China Ecological Economic Society Eighth National Congress and Annual Conference Proceedings of Cum 2012,2012:213-218.

コメント
中国の上海から来ました。料理するのが好きです。踊るのも好きです。いつもたゆみなく努力しています。











略歴
カナダ・トレント大学(環境学部・経済学部)、英国・ロンドン大学・ユニバーシティー・カレッジ・ロンドン(経済学部、環境・資源経済学修士課程)修了

業績
・Akenji, Lewis; Hotta, Yasuhiko; Bengtsson, Magnus and Hayashi, Shiko. 2011/07. EPR policies for electronics in developing Asia: an adapted phase-in approach. In Waste Management & Research.








略歴
名古屋大学経済学部、東北大学大学院環境科学研究科SEMSaT(高度環境政策・技術マネジメント人材養成ユニット)修了。現在、東北大学大学院環境科学研究科博士課程後期。
日本電気株式会社 ビッグデータ戦略立案担当
特定非営利活動法人 アースデイ・エブリデイを中心として、以下の活動に関する非営利・NGO活動を行っている。
・持続可能な社会デザイン
・生物多様性に関する持続的な生産と消費

主要業績
・生物多様性・生態系と経済の基礎知識―わかりやすい生物多様性に関わる経済・ビジネスの新しい動き: 林 希一郎(編著) 中央法規出版 (2009/12)
第10章 生物多様性に対する生活者の認識とマーケティング

コメント
お金を複素数にしたい、です。






Web-Site

謝 俊/Jun Xie

Self-introduction
I got master degree of Population, Resource and Environmental Economics in Jinan University (China) in the field of energy efficiency and climate change. After master course, I worked in Bank of China. Presently, I am pursuing doctoral degree at Graduate School of Engineering, Departments of Urban and Environmental Engineering, Kyushu University.

Research Interest
Corporate sustainability, corporate efficiency, environmental policy analysis

コメント
中国の江西省から来ました。趣味は料理、旅行とバドミントンです。合気道も学び始めて、日本文化をより深く知りたいです。「一期一会」を大切して前に進んでいきます。






張 冰g/Bingqi Zhang












張 馳/Chi Zhang

Self-Introduction
I got my master degree in Population, Resources, and Environmental Economics from Jinan University, China. It is in this period I began my study on Inclusive Wealth and later developed my main interests in labor economics and human capital. At present, I am pursuing doctoral degree at the Graduate School of Engineering, Departments of Urban and Environmental Engineering, Kyushu University.

Current Research Focus
Labor economics, gender difference and unpaid work, and human capital re-estimation

コメント
中国出身の張馳(チョウ チ)です。
信長ファンとして、安土桃山時代の歴史の勉強だけではなく、「天下布武」の各遺跡にも行きたいです。もちろん、ほかの歴史のことも興味深く勉強しています。








コメント
アメリカ出身です。
学部時代にコルゲート大学で政治学・日本学を専攻しました。
今はエネルギー経済学についての研究に励んでいます。
勉学・運動等のチャレンジを通して、自分の欠点を克服し、心身共に鍛錬させたいと思います。

Background
U.S. born, graduated from Colgate University with a dual major in Political Science and Japanese Studies
Research Focus: Energy Economics
Personal Aims: Challenge oneself academically and physically, improve shortcomings through balanced development of mind, body, and spirit






伊川 萌黄/Moegi Igawa

略歴
2013 一橋大学法学部 卒業
2015 一橋大学国際・公共政策大学院 公共経済プログラム 修了
2015-2016 みずほ情報総研株式会社 コンサルタント(環境・エネルギー分野)
2017 九州大学工学府都市環境システム工学専攻 博士課程後期 入学

コメント
前職では省エネ政策やスマートシティ等の環境・エネルギー政策に関する調査・分析業務を担当していました。博士課程では研究を通じて環境経済学・計量経済学を中心とした政策分析手法を学び、将来の仕事に繋げたいと思います。






大塚 美幸/Miyuki Otsuka

略歴
大妻女子大学 講師
株式会社and 代表取締役(株式会社and 事業内容:スピーチコンサルティング&各種ビジネス研修、プログラムの企画・開発・実施)
アメリカ最大級インターネット新聞「ハフィントン・ポストJAPAN」に寄稿中 http://www.huffingtonpost.jp/miyuki-otsuka/
共著書「日本の将来を変える グリーン・イノベーション」 代表編者 馬奈木俊介・林良造
元TBS系列局アナウンサー








学歴
・福岡県立修猷館高等学校
・九州大学工学部地球環境工学科卒業
・九州大学大学院工学府都市環境システム工学専攻修士課程修了

研究テーマ
・Subjective well-being を用いた交通混雑評価
・環境行動と交通手段選択との関係性








コメント
After a master degree in Marketing and Strategy at CESAG (Senegal),I am pursuing my studies in the graduate Program of Urban an Environmental Engineering.
I am trying to know more about the bests paths in order to valuing the natural ressources of the develloping countries."




category
spacer



コメント
中村です!
体内にレッドブルが流れているほどのレッドブル好き
今は課題に打ち込む毎日ですが、都市・交通計画等に興味を持っています。
研究を通して様々な分野に知識を広げていきたいです。








コメント
兵庫県出身です。旅行をすることと美味しい料理を食べることが好きです。
興味を持ったことに対して貪欲に取り組んでいけるように頑張ります。






Jayanti Mandasari

コメント
I am Indonesian. I was graduated in 2015 from Urban and Regional Planning, Engineering faculty, Hasanuddin University, Indonesia and worked as a teaching assistant about 1.5 years in the same major and University. To deepen my knowledge, I decided to pursue my master degree in Urban Engineering and Economics lab, Kyushu University. My hope is to study all aspects about urban development globally.
がんばります!








松下 岳史/Takeshi Matsushita

コメント
兵庫県出身です。都市計画やまちづくりに興味があります。
様々なことに関心を持ち、知見を広げていきたいです!








丸田 壮一郎/Soichiro Maruta

コメント
熊本出身です!研究を通して、世の中の不合理な部分を少しでもより良い方向にもっていきたいと考えています。
恵まれた環境にいることに感謝し、何事も素直に吸収していきたいです!








商 立威

コメント
中国の遼寧省出身です。研究のメーンはGISと新国富論です。
アニメ、料理やゲームなどが好きなので、もしよかったら、一緒に遊びましょう。そして、勉強も頑張ります!
皆さんよろしくお願い致します!







category
spacer

James Tad Patrick Bardon

コメント






今福 隆/Ryu Imafuku

コメント
福岡県出身です。
まちづくりに興味があり、研究を通して世の中を少しでも良くしていきたいです。
よろしくお願いします。






門田 航

コメント
私は経済学に非常に興味があり、この研究室を選ばせていただきました。よろしくお願いします。






小松原 建人

コメント
京都府出身です。旅行時は町中をひたすら歩き回りたいです。
再生可能エネルギーなどに関連する新国富の勉強を通して、多くの知識と能力を身に付けていきたいと思います。








小室 駿太

コメント
兵庫県出身です。
趣味はスポーツ(主に野球)です。
変化を恐れず、何事にもチャレンジしていきます!
よろしくお願いします!






category


協力研究員についてはこちらをご参照下さい。
category


卒業生についてはこちらをご参照下さい。
credit